読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春岡ナフコさんのブログ

スティックラー症候群?もしくは耳脊椎巨大骨端異形成症?の我が家のお嬢さんの日々の成長を徒然なるままに綴っていければと。

たけこちゃん誕生②(40w3dのこと)

f:id:rkii0622:20160710122516j:plain

午前中からおなかにモニターをつけて、陣痛促進剤の投与が始まりました。

ちょっとずつ投入量が増えて、午後3時前から少しずつおなかが張ってくるようになりました。でも、この頃はまだ生理痛のほうが痛いくらいだった気がします。

午後3時以降のこと、がんばって思い出そうとしているのですが、順序良く思い出せません。おそらく午後4時頃、今後の方針について(本日はここで中断するのか否か)決めるため、I先生の内診がありました。そこで、ぐりぐりされた直後から、これがいわゆる陣痛?という大きな痛みの波がやってきました。この時はさすがに、なにしてくれるのよー?とI先生に殺意を覚えました。笑

I先生の内診を終え、診察室から分娩室に戻り、痛みの波と闘いながら、なんだかこの日は便秘気味だったので、トイレに行きたい気がすると助産師さんに伝え、分娩室のトイレにこもらせていただきました。(あとから聞いたところによると、このトイレの中で破水していたのでは?とのことです。)それから1時間後くらいですかね、助産師さんからI先生がまた診察室に呼んでると言われ、

わたし:「いや今無理です。歩けません。もう少し待ってください。」

助産師さんと会話をし、痛みが和らいだ瞬間に診察室に駆け込みました。

診察室で内診しながら、

I先生:「ほぼ子宮口全開。ほぼね。よく歩いてきたね。痛みに強いねー」

わたし:「歩けないって言いました。痛みに弱いほうですよ。」

さすがに帰りは歩けず車いすに乗せられて分娩室に戻りました。

 

というわけで、そんなこんなで痛みに耐えながら、午後7時30分ちょうどに長女のたけこちゃんを出産しました。生理痛以上のくぅ~という痛みがやってきたのが午後4時のI先生の内診以降なので、おそらく安産なんでしょうね。でも、たけこちゃんの病気のことがあったのか、気付くと、当直の産科の先生、I先生、新生児科の先生に助産師さん、看護師さんとたくさんの方に囲まれてました。ちなみに主人は10分たけこちゃんの誕生に間に合いませんでした。

肝心のたけこちゃん。みんなの心配をよそに元気な産声聞かせてくれました。推定体重が2500gってことでしたが、3366gもある比較的大きめの女の子でした。

I先生曰く、大腿骨が短いから推定体重が大きく違ったそうです。(笑)

スティックラー症候群だと口蓋裂の可能性があると事前に言われていましたが、出産後、分娩室でたけこちゃんの呼吸が安定していること、口蓋裂の症状はないことを伝えられました。

わたし的にはこれでお産が終わったんだと思っていましたが、なかなか胎盤が出てこず、このあと胎盤を手ではがされました。正直、陣痛より痛かった。

 

身長 50.0cm

体重 3366g

胸囲 32.0cm

頭囲 33.0 cm

 

たけこちゃん、体重は平均よりは重めですが、身長も頭囲も平均くらいですかね。