春岡ナフコさんのブログ

スティックラー症候群?もしくは耳脊椎巨大骨端異形成症?の我が家のお嬢さんの日々の成長を徒然なるままに綴っていければと。

分娩予定への病院へ(21w5dのこと)

たけこちゃんの胎児ドックの結果が心配で次の妊婦検診を待ち切れず、翌々日、分娩予定の病院に電話しました。

他の病院で受診した胎児ドックで大腿骨の短さを指摘されたことをつたえると次の妊婦検診は2週間以上先でしたが、翌日診ていただけることになりました。

結局、妊娠初期の受診回数が月に一度だった時しかこの病院にはお世話になっていませんが、本当に優しい病院だったと思います。また、次の機会があればぜひかかりたいです。

当日、一人で行くのが嫌だったので、主人に付き添ってもらいましたが、主治医の先生が緊急帝王切開が入ったとのことで、主治医の先生には会えず。。。

主治医の先生は産婦人科で一番、若造と思われる男性の先生でしたが、その先生の代わりに診てくれた先生は産婦人科の中では一番偉い?と思われる先生でした。

 

この病院ではエコーは診察の前に技師の方が別に撮影してくれます。

一度、エコーの撮影を終えた後、待合室で待っていると先生からもう一か所測りたいと言われたのでお願いしますと技師の方に声をかけられ再度エコー撮影。

 

エコー後の診察で、先生に県外の病院で胎児ドックを受けたことをつたえると、

「そこの病院の先生が言うのなら、注意が必要なのかもしれない。」

「経過をみるので来週また診察の予約を入れておくね。」

「追加で上腕骨の長さをエコーで測ってもらったけど、うちのにはデータが入っていないんだよね。」(おいっ!)

ということで、不安は全く払拭されずに診察終了。

 

わかったことは胎児ドックで診てもらった先生はこの地方ではとても有名な産科の先生であること。

その先生が指摘したことだから信頼性が高いこと。

 

BPD 50.1mm (21w1d)

AC  160.9mm (21w4d)

FL 26.3mm (18w2d)

今思うとたかが3週間の遅れですね。もちろん、今だからそう思えるのですが。